京都市右京区のマウスピース矯正・インビザライン

〒616-8181 京都府京都市右京区太秦京ノ道町14-3
京福電鉄「常磐駅」より徒歩2分、JR「太秦駅」より徒歩7分

診療時間
9:30~13:00
15:00~19:00

休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日 

ご予約・お問合せはこちら

075-864-0223

■マウスピース矯正を日々清潔に保って使用する方法は?

 

マウスピース矯正は、極めて快適な治療法ですが、装置のお手入れに関しては不安に感じている方もいらっしゃるようです。着脱式の装置なので、歯と一緒にブラッシングするわけにはいきませんからね。そこで今回は、マウスピース矯正を清潔に保ちながら使用していく方法について、京都市右京区の矯正歯科「いばらき歯科クリニック」がわかりやすく解説します。

 

▼お口から外したら必ず洗浄

 

矯正用のマウスピースを洗浄するタイミングは、お口から外した時です。基本的に食事と歯磨きの時になりますが、そのタイミングで必ずマウスピースを洗浄する習慣を身に付けましょう。一見すると汚れておらず、清潔に見えるマウスピースでも、その表面には細菌が繁殖しています。食事や歯磨きを行った後に洗浄していないマウスピースを装着すると、虫歯・歯周病のリスクが上昇します。

 

▼マウスピースの洗浄方法

 

矯正用のマウスピースは、熱湯で洗浄すると変形してしまうため、ぬるま湯が水をお使いください。マウスピース表面の汚れを手で優しく取り除き、細かい汚れは「やわらかめ」の歯ブラシなどを使ってブラッシングします。その際、歯磨き粉は使わないでください。マウスピースは表面が傷付きやすく、研磨剤が入った歯磨き粉でゴシゴシ洗うとダメージを負ってしまいます。1週間に1~2回の頻度でマウスピース専用の洗浄剤や入れ歯洗浄剤による化学的清掃を行うことで、マウスピースは清潔に保たれます。

 

▼まとめ

 

今回は、マウスピース矯正を清潔に保ちながら使用する方法について、京都市右京区の矯正歯科「いばらき歯科クリニック」が解説しました。インビザラインなどのマウスピースは、1~2週間で新しいものに交換する“使い捨て”のような装置ではありますが、少なくともその期間中は清潔に保つよう心がけてください。場合によっては、ひとつ前のマウスピースに戻ることもありますからね。

 

以下のページもご覧ください

経験豊富な院長が、痛みの少ないマウスピース矯正をリーズナブルにご提供します。虫歯治療・予防まで、患者さまをトータルでサポートします。

透明で目立たない・痛みが少ない・装置の取り外しが可能など、メリットの多いマウスピース矯正「インビザライン」に力を入れております。

丁寧なカウンセリングや精密検査を経て診断し、ご納得いただいた上で一人ひとりに合った装置を使って治療を進めます。

「費用はいくらかかる?」「治療期間はどれくらい?」「50代でも矯正治療は可能?」などのご質問にお答えします。

お話を伺うためのカウンセリングコーナーを設け、診療室にはパーテーションを設置するなど、プライバシーに配慮しております。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

075-864-0223

診療時間

 
午前
午後

午前:9:30~13:00
午後:15:00~19:00
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

075-864-0223

〒616-8181
京都府京都市右京区太秦京ノ道町14-3

京福電鉄「常磐駅」より徒歩2分
JR「太秦駅」より徒歩7分